銀座カラー

てんかんの持病があるけど銀座カラーでは脱毛可能?

癲癇(てんかん)という病気を持っている人は、銀座カラー等のエステサロンでは全身脱毛はもちろんのこと、脇などの小さな部位でもほとんどのところで施術を断られてしいます

なぜならば、癲癇という病気は、痛みや光などの刺激によって脳の電気信号が乱れて、けいれんや体調不良などの発作を起こす可能性があるからです。

銀座カラーで使われる機械は「光」を照射するものです。光が目に入ることはありませんが、万が一目に光の刺激が届いた場合、発作を引き起こす可能性が高くなります。

発作が始まってしまうと銀座カラーでは正しい対処ができないので、施術を断るところが多いのです。

だからといって、申告せずに施術を受けるのは絶対にやめてくださいね。嘘の申告で施術を受けていて何か起こった時、お店に迷惑をかけたとして反対に訴えられる可能性もあるからです。

銀座カラーでも断られるの?

銀座カラーはエステティックサロンですから、てんかんの持病がある人の施術を断っています。

理由は前述したとおりで、何かあった時に銀座カラーではきちんと対処できないこともあるという理由からです。

では、癲癇の持病があるからといって一生脱毛は自己処理なのでしょうか。

銀座カラー等のエステでは施術できないと考えていいのですが、クリニックの中には癲癇があっても施術を引き受けてくれるところもあります。

クリニックは医療機関ですから、発作が起こった時でも医師や看護師に知識があれば正しい対処ができます。

すべてのクリニックで全身脱毛が受けられるわけではありませんので、癲癇のある人は全国展開している大手のクリニックなどに問い合わせてみてください。

そして、同時にかかりつけ医に脱毛をすることを相談して許可を取ることを忘れずに。引き受けてくれるクリニックでも、医師の許可証が必要というところがあるからです。